BUSINESS事業概要

“継続”ד挑戦”

「何かを続けること」と「新しい何かを創り出すこと」は両立できるのでしょうか?
私たちは「できる」と信じています。
個人も企業も「継続」と「挑戦」の両方があることで、成長することができます。
私たちは、さまざまな困難に立ち向かいながらも、新しいことにチャレンジする仲間を求めています。

スポーツや勉強など、何かを長く続けることは決して簡単なことではありません。どれだけ努力しても、記録や成績につながらないときもあります。仕事も同じで、「自分は精一杯努力した」としても、企業全体の業績向上につながる保障はありませんし、残念ながら「ほかの人の方がもっと努力した」と評価されるときだってあります。さらにさまざまな原因が積み重なって、失敗してしまうことだってあり得ます。

しかし、努力している姿を誰かが見てくれています。困ったときに手を差し伸べてくれる人が近くにいるかもしれません。
私たちは社内外の多くの方々に助けられて、これまで仕事を続けることができました。そして、お客様や私たち自身が困っていることをヒントに、仕事を工夫したり、新しいアイデアを思いついたりして、少しずつそれらを実行してきました。
続けることで新しいことにチャレンジできますし、新しいことにチャレンジしたからこそ、粘り強く続けていく。
私たちと一緒に、少しずつ成長していきませんか。

事業内容

1システム開発サービス
システム企画・要件定義・システム設計・開発・運用までのすべてをワン・ストップでご提供いたします。
(開発言語)ASP.NET C#、Java、PHP、IBM Notes/Domino、Android、Android Wear、iOS 等
(開発環境)オンプレミス、弊社データセンター(大阪)、クラウド環境(Amazon Web Service、ベアメタル等)
2コンサルティングサービス
製薬企業様が実施する臨床試験において使用するコンピュータ・システムの妥当性を評価する一連の活動を支援しています。
(サービス例)コンピュータ化システムバリデーション(CSV)のドキュメント作成支援、ITサービスに関する災害復旧計画(BCP)作成支援 等
3人材育成支援サービス
弊社独自の人材育成支援システム「教育カルテ」を用いて、従業員のスキル・研修・育成をPDCAサイクルで管理することができます。
4生体センシング研究開発チーム
さまざまなウェアラブル端末からの生体情報を取得・分析し、人間の心理や行動のメカニズムを明らかにする活動を行っています。

研究例

オノマトペと生体データを活用したストレス状態可視化の取り組み
(人工知能学会 知識・技術・技能の伝承支援研究会 2017年7月26日発表)
我が国の情報通信業では、メンタルヘルス問題が深刻である。開発ガイドラインの策定やスキルの標準化、工程管理の可視化が進められているが、問題解決に至っていない。国内の人材供給力が低下するなかで、プロジェクトマネージャはプロジェクトの生産性と採算を管理するうえで重要な納期厳守を達成するために、開発要員の離脱防止策の実施が急務である。本稿では、オノマトペを用いたアンケート調査を実施し、ソフトウェア技術者の仕事の量・難易度・進捗状況・気持ちを分析するとともに、眼電位センサーによる集中力および心拍センサーによる心拍変動(RRI・LF/HF)の計測からストレス状態を可視化し、オノマトペによる感情表現と生体データの関連性抽出に取り組んでいる。
登山道における歩行バランスと着地強度の計測と評価
(人工知能学会 知識・技術・技能の伝承支援研究会 2017年11月24日発表予定)
登山での転倒・滑落は下山時に発生することが多く、死亡に至る事故もあるため、体調管理や体力維持、登山届の提出等の対策が重要である。一方、ストックやノルディックウォーキング・ポールの下肢筋への負担軽減に対する有用性は評価されているが、平地歩行やトレッドミル等の実験環境、且つ短距離・短時間での計測が多い。そこで、本研究では実際の登山道において、登りと下りの歩行状態(ストックあり・なし)を眼鏡型ウェアラブル端末と心拍計を用いて計測し、下山時の歩行バランスと着地強度を分析した。ストックの適切な使用を登山者に指南できれば、遭難事故防止の一助になることが期待される。

主なウェアラブル端末

  • 腕時計型:Fitbit、Polar、Garmin、EPSON、スマートウォッチ(Apple、SONY)
  • 眼鏡型:JINS MEME
  • 心拍センサー:myBeat
  • 呼吸センサー:Spire
  • 脳波センサー:MindWave
  • モーションキャプチャー:Kinect
  • 重心センサー:バランスWiiボード 等多数、揃えております。

ソフトウェア開発や研究開発のために、研修や学会参加、ウェアラブル端末購入などを積極的に進めています。

  • さまざまな研修セミナーに参加しています。

  • さまざまな技術図書や雑誌を読んで、新しい知識を学んでいます。

  • 全国各地で開催される学会に参加し、研究発表や討論を行っています。

  • さまざまなウェアラブル端末を準備して、日常的にデータの収集と分析を行っています。

  • 実際の登山道においてポールを活用した実験を行いました。
    (左から弊社の坂口、東京工芸大学の山本先生と大海先生)
    2017年10月27日(金) 飯山(神奈川県厚木市)にて

やりがい

①プライム案件でエンドユーザーとの直接的な共同作業に参加できます。
当社では、受注案件のほぼすべてがエンドユーザーとの直接取引です。そのため、お客様の業務内容はもちろんのこと、業界知識を学ぶことができます。また、実際にシステムを利用する担当者の方々とのヒアリングは頻繁に実施していますので、システムや私たちの活動に対する評価を確認できます。
②雇用形態に関係なくプロジェクトに参加できます。
当社では、正社員以外にも派遣社員やアルバイト(学生)が勤務しています。本人の意欲やスキルがあれば、「機会平等」および「成果評価」に基づき、雇用形態に関係なく各自に適した役割を担っていただくことができます。

ワーク・ライフ・バランス

①労働時間の適正管理を実施しています。
当社では、①朝会(毎日9時30分~10時)における進捗・問題管理、②残業申請手続きの徹底を実施しており、納期前やトラブル発生対応を除いて、残業や休日出勤を原則禁止しています。
2017年4月~9月までの一般社員(3名)の残業時間は、一か月当たり平均2.58時間となっています。
②少人数ゆえの臨機応変な対応を心がけています。
本人または家族の突発的なケガや病気などで、出勤が困難な場合もあります。その際、お客様に迷惑をかけないことを前提に、当日作業の延期(欠勤)や勤務時間の変更、在宅勤務の実施などを、臨機応変に対応しています。

社内の雰囲気

少人数かつさまざまな雇用形態があるため、①従業員同士の「教えあう文化」、②会社業績の開示(四半期ごと、決算情報)を実施しています。
また、従業員同士の相互理解とともに家族の理解・協力を得ることも重要ですので、従業員懇親会(年数回)や家族懇親会(年1回)、社員旅行(不定期)なども実施しています。
従業員同士および会社と従業員間の風通しを良くし、心理的な障壁をつくらないように注意しています。
なお、当社では、仕事とプライベートの区別は明確にしており、平日夜間や休日の会社行事は基本的にはありません。

将来性

当社の将来性として、以下の4点を考えています。

  1. 長く培ってきた信頼関係と安心感
  2. 社会的課題の抽出と解決策を常に考え、提案し続ける積極性
  3. 失敗を恐れずチャレンジ(挑戦)する勇気と失敗から学ぶ謙虚さ
  4. 新しい技術への対応(人工知能、IoT、クラウド、プログラミング言語)
エントリーする

お気軽にお問い合わせください。


お名前*必須 

フリガナ*必須 

会社名・団体名 

メールアドレス*必須 

お問い合わせ種別*必須 

お問い合わせ内容

※確認画面は表示されませんので、入力内容(とくにメールアドレス)にお間違いがないかどうか、もう一度ご確認のうえ、「この内容で送信する」ボタンを押してください。